警察の取り調べに対応する

%e5%8f%96%e8%aa%bf%e5%ae%a4

警察の取り調べは何をしたらいい?(人身事故の場合)

 警察に交通事故の届け出(通報)があると、警察は次のことを行います。

1.事故現場での状況確認
2.当事者立合いのもと現場検証を行い、実況見分調書を作成する
3.当事者を呼び出して供述調書を作成する
4.捜査資料を作成して検察に引き継ぐ(事件送致)

 交通事故の被害者であっても、事故の当事者(被害者)として警察の取り調べに応じる必要がありますので、警察の指示に従って順番に対応してください。
(事故の被害の大きさや怪我の状況によって、実施する内容や順序が異なることがあります)

【重要】ここで過失割合を決めるため重要な証拠書類となる「実況見分調書」が作成されます。作成された「実況見分調書」は当事者が認めた事実として永久に残りますので、もし警察の聞き取りに対して事実と異なることを流されるまま答えてしまった場合、後から覆すことが非常に困難です。

 取り調べで警察に言われたことが自分の記憶や事実と異なる場合、はっきりと「それは違います」「実際は◯◯です」、記憶が曖昧であれば「分かりません」とはっきり主張してください。

事故現場での状況確認

 事故現場に到着した警察官は、交通整理をして安全を確保するとともに、事故の当事者に対して聞き取りを行ったり、現場の写真撮影や目撃者への聞き取りなどにより事故の発生状況を確認します。

 被害者に対しては、住所、氏名、年齢などの身元確認が行われます。
 ロードバイクに乗っているので自転車防犯登録の確認があります。

 事故については、走行目的(出発地点と目的地)、走行状況、走行速度、信号の色、どこで相手車に気づいたか、回避動作やブレーキをかけた地点、衝突地点、自分が考える事故の原因、自分の落ち度、相手の落ち度などを確認されるので、自分の考えをしっかりと答えてください。
 なお、怪我の程度によって確認される項目に増減があります。
(ここで免許証や保険証、学生証など身元を示すものが一切ないと面倒なことになりますので、普段から必ず何か携帯しましょう)

現場検証に立ち会う

 事故の数日後(当日の場合もあります)、警察は加害者と被害者を別々に呼び出して、当事者立ち会いのもとで現場で事故発生状況の確認を行います。これを「現場検証」といいます。

 担当の警察官から連絡があるので、日程を調整して警察署まで出頭してください。

 現場検証では、事故当日の聞き取り内容や写真、目撃者の証言などの状況証拠をもとに、現場でどのようにして事故発生に至ったかを確認されます。所要時間は30分~1時間程度です。

 被害者の現場立ち会いが省略されて、警察署での事故現場見取図の確認のみ行われる場合もあります。

供述調書の内容を確認する

 実況見分が終わると、警察は当事者を警察署に呼び出して事情聴取を行い、どのように話したかを調書として作成します。これを「供述調書」といいます。

 現場検証と同じく、警察から呼び出しがありますので出頭してください。
(現場検証の後に続けて行われることが多いです)

 被害者に対しては、現場検証の記録を元に、いつ、どこで、どのように事故が発生するに至ったかを文章にした調書を順番に読み上げて、内容の確認と署名捺印を求められます。
(印鑑が無いと拇印で押すことになりますので、印鑑を持参すると良いでしょう)

 加害者への処罰希望の有無もここで確認されます。処罰希望は「厳罰を希望する」「警察に任せる」「処罰を求めない」のいずれかです。

【重要】警察の作成した調書の内容が、自分の主張や事実と異なる場合は、内容の訂正を求める権利があります。訂正を求めることができる最初で最後の機会になりますので、警察官に対してしっかりと主張してください。
どうしても納得できなければ、最後の手段として署名を拒否する権利もあります。

 供述調書に署名捺印が終われば、警察の取り調べに対する対応は終了です。
 当事者全員の取り調べが終わった後、警察は捜査資料を検察に引き継ぎます。これを「送致」といいます。

物損事故の場合

 怪我人が存在せず物損事故であることが明らかな場合は、警察による取り調べは大幅に省略されたものになります。

 事故の通報があって現場で状況確認をするところまでは同じですが、事故現場で当事者に対しての簡単な聞き取りだけが行われます。

 実況見分は原則として省略されるので、実況見分調書の代わりに内容が大幅に簡略化された「物件事故報告書」が作成されます。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大