交通事故で受診・通院する病院の選び方

%e3%83%aa%e3%83%8f%e3%83%93%e3%83%aa%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0

近所の病院がベストとは限らない

 交通事故で怪我をしたら、自宅の近くにある整形外科に行くと考えるのが普通だと思いますが、交通事故に限ってはそれが必ずしもベストではない場合もあります。程度の差はありますが、例えば同じ整形外科でも交通事故の怪我による通院に向いている病院、向いていない病院があります。

 ここでは受診・通院する病院を選ぶにあたってのポイントを説明します。

病院のホームページを確認する

 まずは病院のホームページを確認してください。交通事故の治療について詳しく書かれているページがあれば、交通事故の治療に理解のある病院と考えて良いでしょう。

充実したリハビリ施設があるか

 怪我の状態にもよりますが、しばらくの間リハビリのため高頻度で通院することが必要になりますので、リハビリテーション科の有無と充実したリハビリ施設が存在しているかどうかが重要になります。
 理学療法士や作業療法士、多くの柔術整復師が在籍していると良いでしょう。規模が小さくスタッフが数名の診療所は交通事故の通院には向いていません。

MRI(磁気共鳴画像装置)を導入しているか

 MRIはレントゲンに写らない筋肉、軟骨、神経などが撮影できるので、交通事故の負傷でありがちな、むち打ち症や靭帯損傷、ヘルニアの診断に非常に有効です。
 また、MRIが設置されているということは、画像読影ができる技術を持った医師が在籍していることを意味しますので、交通事故の怪我に対して的確な診断が期待できます。

 ただし、MRIは非常に高価な機器のため、市民病院や大きな病院にある設備を共同で利用するのが一般的です。個人の開業医で導入していることは稀ですので、無いからといって決してマイナス材料ではありません。

スポーツ障害に対応した診療科があるか

 特に整形外科は受け持つ分野が広く、首の下から足元までにある骨、関節、靭帯、筋肉、神経、運動機能、リハビリと非常に広範囲に及ぶため、同じ整形外科医でもそれぞれ専門領域を持っているのが一般的です。交通事故による怪我で治療が必要な分野が広範囲である場合は、何人かの医師が連携して対応することになります。

 特にレースなどハードな運動をする方はスポーツ障害外来といった専門の診療科があればベストです。

症状の訴えに対して説明と対応をしてもらえるか

 捻挫や打撲、脱臼、骨折であれば整形外科の基本分野ですので、どの病院でもきちんとした治療が受けられますが、痺れ、目まい、痛み、麻痺など酷い神経症状がある場合は少し気をつける必要があります。

 神経分野が専門領域でない医師の場合、症状の訴えに対して必要な対応をしてもらえるかが重要になります。必要な検査をしたり専門領域の医師に引き継いでくれれば良いのですが、そうでなければ適切な治療が受けられず後に非常に困ることになります。

 痛みや痺れを訴えているにもかかわらず、特に説明もなく、神経学テストも実施せず、湿布(ロキソニン)と痛み止めを出して「しばらく様子を見ましょう」「◯日後にまた来てください」という対応だけの病院は要注意です。
 事故日から2週間くらいは「急性期」にあたり、経過を観察することが必要な時期もありますが、それを過ぎても何の対処もしてもらえない病院は、交通事故の通院には不向きです。

交通事故の患者に冷たい医者が存在する?

 実は交通事故の患者は、医師にとって通常の患者に比べて手間がかかります。
 患者の訴えが複雑かつ広範囲であることと、本来の治療に加えて診断書の作成や保険会社、弁護士、公的機関との煩雑なやり取りが必要になるからです。

 そのため、余計な手間を嫌って交通事故の患者に対して塩対応をするような医師も中にはいるようです。もちろん交通事故の通院には不向きです。
 少し前の記事になりますが、その辺りの事情を小豆沢整形外科院長の平竜三氏がブログで詳しく解説されています。

医者は「交通事故」というだけでろくに診察もしてくれず、軽く扱われたり、冷たくあしらわれたりされませんでしたか?

交通事故後の受診で医師から冷遇されるのは、なぜ?

交通事故で頚椎捻挫(ムチウチ)や腰部捻挫などの傷害を受けて病院を受診した被害者の方は、なぜしばしば医師から冷たく扱われ、多くの場合、適切な治療を受けられず半ば放り投げられてしまうのか?

交通事故被害の患者さんが医者から歓迎されない理由とは?

 引用元:小豆沢整形外科院長平竜三のブログ

きちんと説明をしてくれる医師のいる病院を選ぶ

 病院の外部の情報だけで見極めることは難しいので、結局のところ実際に通って自分の目で確かるしかありません。

 上記のポイントに注意しつつ、最後は月並みな結論になりますが、患者に対して説明をきちんとしてくれる、説明が分かりやすい医師のいる病院を選んでください。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大