交通事故の被害に遭うとどれくらい損をするか(重傷の場合)

 前の記事で交通事故で重傷を負った場合のモデルケースの損害額・補償額をそれぞれ試算しましたので、それらを合算して被害者がどれくらい損を被るかを試算します。最初に自転車保険単独加入で重傷のケース、次に人身傷害補償保険加入のケースの順で収支計算を行います。

損害額の収支(自転車保険単独加入)

直接損害の部
損害額 補償額
治療費 54万円 治療費 54万円
休業損害 60万円 休業損害 60万円
雑費 10万円 手術保険金 8万円
車両損傷  10万円    
車両再購入費 20万円    
小計 154万千円 小計 122万千円
直接損害収支 ▲32万円
間接損害の部
精神的損害 203万円 入通院慰謝料 6万円

後遺障害慰謝料

逸失利益

340万円

後遺障害慰謝料

逸失利益

75万円
    入院保険金 48万円
    後遺障害保険金 24万円
間接損害収支 ▲390万円
総収支 ▲422万円

 損益通算の結果、トータルでは金銭換算でマイナス422万円の損害という結果になりました。泣き寝入り額=422万円です。

 治療費と休業損害の補償で自賠責保険の支払枠である120万円をほぼ使い切ったため、慰謝料に対する補償はごく僅かです。またこのケースでは治療終了後に後遺障害(14級)が残ったという設定ですが、後遺障害に対して自賠責保険からは最低限の補償しか支払われないため、自転車保険から入院保険金及び後遺障害保険金の支払いがあるものの保険金の額は低く、本来認められるべき慰謝料の大半は受け取ることができません。加害者が任意保険未加入であるためこれ以上の補償は一ありません。

現金ベースの収支(自転車保険単独加入)

 次に上の表から間接損害などを除外して、実際に現金の出入りがある項目だけで収支計算をし、手元に残る(または減ってしまう)金額を計算します。

  支出 収入
金額 84万円  275万円
収支   181万円

 差し引き181万円のプラスとなりました。1年間の入院や治療、リハビリを経て後遺症が残り、ロードバイクを買い替えて手元に残る現金です。

損害額の収支(人身傷害補償保険加入)

直接損害の部
損害額 補償額
治療費 54万円 治療費 54万円
休業損害 60万円 休業損害 60万円
雑費 10万円    
車両損傷  10万円    
車両再購入費 20万円    
小計 154万千円 小計 114万千円
直接損害収支 ▲40万円
間接損害の部
精神的損害 203万円 入通院慰謝料 132万円

後遺障害慰謝料

逸失利益

340万円

後遺障害慰謝料

逸失利益

150万円
間接損害収支 ▲261万円
総収支 ▲301万円

 損益通算の結果、トータルでは金銭換算でマイナス301万円の損害という結果になりました。

 人身傷害補償保険は、治療費と休業損害は実費が全額支払われるものの、精神的損害や後遺障害に対する慰謝料は保険会社の支払基準で計算した額が支払われるため、裁判基準で計算した損害額との差額がマイナスになっています。

現金ベースの収支(人身傷害補償保険加入)

 人身傷害補償保険に加入している場合の現金収支です。

  支出 収入
金額 84万円  396万円
収支   312万円

 差し引き312万円のプラスとなりました。自転車保険単独加入の場合と比べ支出額は同じですが、補償が充実している分手元に残る現金は大幅に増えています。

まとめ

  • 自転車保険単独加入で後遺障害が残るような重傷を負った場合、自賠責保険ではカバーしきれず補償額の不足が生じる
  • 自賠責保険は後遺障害に対しては最低限の補償しか無いため、損害額に対して補償額が大幅に不足してしまう
  • 自転車保険にも後遺障害保険金は存在するが、損害額に対して補償金額は低く焼け石に水
  • 人身傷害補償保険は、精神的損害に対して完全ではないものの比較的充実した補償が受けられる
スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大