交通事故の被害に備えた保険にどのくらい補償額が必要か?(まとめ)

 前の記事では、ロードバイク乗車中に加害者が無保険(任意保険未加入)の交通事故の被害に遭った場合のモデルケースを作成し、加入保険と負傷度別に損害額・補償額・補償不足額をそれぞれ試算しました。今回は結果をグラフにまとめて示します。

交通事故被害に対しての補償額と不足する補償額

 次のグラフは交通事故の被害に対しての補償額と、補償額から損害額を差し引いた補償不足額を示したものです。青色のバーが補償額、赤色のバーが補償不足額を示しています。(単位:1万円)

 後遺障害が認定されるような重傷事故である場合は損害額が大幅に増加し、自賠責保険からの補償ではカバーしきれなくなり補償不足額が大幅に増加します。補償内容に劣る自転車保険単独加入のケースでは不足額が特に目立ちます。

不足する補償額の大部分は「精神的損害」と「後遺障害の逸失利益」である

 次のグラフは補償不足額を種類別に集計したものです。治療費と休業補償は不足額無し(0円)のため表示していません。(単位:1万円)

 このグラフからは、補償額の不足は治療費や休業補償、ロードバイク本体などの直接的損害ではなく、精神的損害(慰謝料)や後遺障害の逸失利益といった間接的損害が大部分を占めることが分かります。

精神的損害や後遺障害に備えた保険への加入が必要

 万が一の事故に備えた保険加入を考える時には、怪我の治療費や自転車本体に対する補償といった分野に目が向きがちですが、金額面から見ると、精神的損害や後遺障害に備えた保険に加入することが遥かに重要であることが分かります。

 標準的な自転車保険は精神的損害や後遺障害に対しての補償内容が乏しいため、既に自転車保険に加入している場合は入通院や後遺障害に対しての補償が充実したプランに乗り換えるか、追加で別の傷害保険や共済に加入する必要があります。

 今回の試算結果からは、軽度の後遺障害が残る程度の怪我に対して300万円程度の保険金が受け取れる保険への加入が必要と思われます。

 保険料の支払いが増えることや、直接的な損害への備えでないため保険加入に二の足を踏んでしまう人もいるかもしれません。ただ精神的損害は我慢して耐えることもできますが、後遺障害は治療費の支出や日常生活への支障、収入の減少が伴うため、単に耐えるだけでは済まない場合もあります。十分な備えが必要です。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大