これに入れば安心、ロードバイクの保険おすすめ加入例

 ロードバイク乗車中の万が一の交通事故に備えて、一体どのような保険に加入したらいいのか?私がおすすめする保険の加入方法を紹介します。

基本は自動車保険と自転車保険をセットにする

 ロードバイク(自転車)向けには交通事故のリスクを1つの保険で全てカバーできる保険は発売されていません。したがって、複数の保険を組み合わせて交通事故のリスクを上手にカバーできるように保険に加入する必要があります。

 世の中には多くの保険商品が発売されていますが、ロードバイク向けに最も有効なのが、「自動車保険と自転車保険の合わせ技」です。

加入する保険と補償内容の例

 お勧めする保険の組み合わせですが、実際に私が加入している保険を例に説明します。太字で着色をしている項目が、ロードバイクの交通事故に直接関係する保険または特約です。括弧内の数字は保険金額を示しています。

加入保険名 基本契約 付帯特約 備考
自動車保険

自動車対人保険

自動車対物保険

車両保険

人身傷害補償(1億円)

弁護士費用(3百万円)

国内損保A社

自転車保険

死亡・後遺障害保険金(8百万円)

入院一時金(4万円)

入院保険金(日額1万2千円)

通院保険金(日額2千円)

個人賠償責任補償(1億円・示談代行あり)

自転車ロードサービス

AU損保

自転車向け保険Bycleシルバーコース

 自動車保険は国内損保の自動車保険、自転車保険はAU損保が発売している自転車向け保険Bycleのシルバーコースに加入しています。

リスク対応表によるチェック

 リスク対応表を用いて交通事故リスクの対応漏れが無いか確認します。青字が自動車保険による補償、赤字が自転車保険による補償を示しています。

 区分 リスク名

対応保険(特約名)

対応有無 備考

加害者に

なった時 

対人事故

対物事故

個人賠償責任補償

示談代行サービスあり

被害者に

なった時   

過失相殺

人身傷害補償

過失相殺による治療費・休業補償・慰謝料の減額(自己負担分)を全額補償

加害者無保険

(治療費)

人身傷害補償

入院保険金

入院一時金

通院保険金

加害者が無保険の場合の治療費

傷害保険金

加害者無保険

(休業補償)

人身傷害補償約

加害者が無保険の場合の休業補償

加害者無保険

(物的損害)

なし

加害者が無保険の場合の車両修理費(ロードバイク本体)

走行不能 自転車ロードサービス 搬送距離50km・年4回まで
交渉紛争

弁護士費用特約

弁護士費用300万円

事故相手が自動車以外の事故は対象外

自損事故

人身傷害補償(※)

死亡・後遺障害保険金

入院一時金、入院保険金、通院保険金

※人身傷害補償は一部の保険会社のみが補償対象

 リスク対応表に当てはめると、自動車保険と自転車保険2つの保険を組み合わせることによって、交通事故のリスクの大部分がカバーできていることが分かります。

自動車保険に加入する理由

 自動車保険の特約の「人身傷害補償」に加入することが目的です。この特約は、加害者が無保険の場合に治療費、休業補償、慰謝料の全額を加害者に代わって支払ってくれるという非常に優れた補償内容です。自動車搭乗中だけでなく、自転車乗車中や歩行中の交通事故も補償対象になります。しかも自損事故でも補償対象になる場合がありますので、ロードバイクに乗るなら最優先で加入するべき特約です。

 なお自動車保険の特約でしか加入できないため、単独では加入できません。

 (注意)保険の契約内容によっては自動車乗車中の事故以外が補償対象外の場合があります。加入にあたっては必ず保険会社に確認してください。

自転車保険に加入する理由

 色々な自転車保険がありますが、その中でもロードバイクの自走不能に備えた自転車向けロードサービスを提供している保険に加入する必要があります。自動車保険のロードサービスは自転車は対象外で利用できません。また上に挙げた自動車保険には個人賠償責任補償特約が無いため自転車保険の方で加入しました。

「自転車向け保険Bycle」を選んだ理由

 保険料と補償対象は他の自転車保険と大差ありませんが、Bycleは自転車事故の保険金額が2倍になるため、他の自転車保険に比べてコストパフォーマンスが圧倒的に優れています。また自転車ロードサービスが用意されている数少ない自転車保険の1つです。弁護士費用特約は自動車保険で契約していて不要なため、ゴールドコースではなくシルバーコースを選択しています。

車両保険に加入しない理由

 ロードバイクの修理費に備えた保険はあえて加入しません。最近になってロードバイク向けの車両保険が発売されたため加入するか検討しましたが、保険料が年間約1万円と少し高く、修理費は慰謝料から補填すれば金銭面では問題無いので加入は見送りました。

自動車保険に加入できない場合はどうすればいい?

 人身傷害補償はロードバイクの交通事故には非常に有効な保険特約ですが、最大の問題は自動車保険を契約しないと加入できない点です。つまり自動車を所有していないと加入できません。そのような場合にできる対策は次の2つのどちらかです。

家族が契約している自動車保険を利用する

 自分自身が自動車保険に加入していなくても、人身傷害補償は(原則として)契約者の同居の親族と別居の未婚の子が補償対象になります。例えば同居の両親が自動車保険を契約していたり、自分が未婚で実家の両親が契約していれば利用できます。保険料の追加無しで補償対象になるので積極的に活用しましょう。

 念のため補償対象かどうか保険会社に確認することをお勧めします。

「自転車向け保険 Bycle Best ゴールドコース」に加入する

 自分も含め家族の誰も自動車を所有していない場合、残念ながら人身傷害補償特約を契約することはできません。選択肢は非常に限られてしまいますが、(比較的)充実した傷害補償、自転車向けロードサービス、弁護士費用特約のある自転車向け保険 Bycle Bestのゴールドコース加入が最もお勧めです。むしろロードバイク向けにはこれ以外に適当な保険の選択肢が見当たらないのが現状です。

 それでもなおいざという時の補償に不安があるならば、全労済や県民共済、レジャー傷害保険、交通事故傷害保険などに追加で加入するしかありません。自動車保険に加入しない限りロードバイクで完璧な補償は得られない、という状況なのは非常に残念な事です。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大