ショップで点検・修理費見積りを作成する

 交通事故で破損したロードバイクの修理費を請求をするには、まず修理費見積の作成が必要です。交通事故直後の処理が一段落したら、ショップ(自転車店)で点検と修理見積を依頼してください。

ショップでロードバイクの点検・修理見積りを依頼する

 ショップにロードバイクを持ち込み、点検と修理費の見積をしてもらいます。修理見積りは数日程度かかります。

 損傷の程度にもよりますが、一度衝撃が加わった部品は利用できないため修理は基本的にパーツ交換です。特にフレームなど主要構造部に衝撃が加わっている場合は、外観上は問題が無さそうでも継続使用不可と判断され全損とされることも多くあります。ロードバイクはレースなど高負荷環境下での使用が想定される器材であり、目視により点検をしたとしても、想定外の負荷がかかった車体は安全に使用できる保証ができないと考えられるからです(例えば、カーボンフレームは専用の機材による精密検査をしないと破損の程度が分かりません)。

修理見積書を発行してもらう

 ショップの店印入りの修理見積書を発行してもらってください。全損と判断された場合でも見積書は必要です。

 ショップから点検料金、見積料金を請求された場合は支払う必要があります。受け取った領収書は後で必要になりますので保管してください。

注意:修理見積書には本体・パーツ代金以外に、消費税と組立費用、防犯登録費用が計上されている必要があります。見積書を受け取る際に確認してください。

修理はいつ始めたらいい?

 ロードバイクは一刻も早く修理したいと思うかもしれませんが、修理開始前に相手方保険会社の事前了解を取っておくのがベターです。示談成立前に修理をしてはいけないという法的な決まり事はありませんので、いつ修理を依頼するかは自由ですが、保険会社が査定のためにロードバイクの確認を求めることがあり、その際に事故直後の状態で実物を見せることができないとスムーズに賠償金を支払ってもらえない場合があります。

 また、ロードバイクの損傷が酷く全損と判断された場合は、相手方との交渉状況に関係なく買い換える車両を注文して問題ありません。ただし全損であっても了解を取る前に車体は捨てないようにしてください。理由は別途説明します。

修理費の支払いはどうしたらいい?

 被害者の貴方が修理を依頼するショップに代金を支払う必要があります。ショップから保険会社に請求してもらったり、保険会社からショップに直接修理費を払ってもらうよう求めることはできません。

 なぜなら、ショップは交通事故に直接関係が無い第三者だからです。修理に関してはあくまであなた個人とショップとの間の契約になりますので、ショップには関係の無い保険会社と交渉や対応をする義務は存在しないのです。中には保険会社との対応を行ってくれるショップもありますが、あくまで好意によるサービスです。

 相手方が損害賠償金を支払うのは示談成立後になりますので、示談成立までの間は自己負担で修理費を立て替える必要があります。

買い替え費用の用意が難しい場合は「ろうきん」のローンがお薦めです

 示談金を受け取るまでの間、ロードバイク買い換え資金を用意するのが難しい場合は、労働金庫(ろうきん)の自動車ローン(カーライフローン)を利用するのがおすすめです。

 自動車だけでなく、なんとロードバイクなどスポーツ自転車の購入にも利用することができます。借入期間は最長10年で、金利も年2%前後と激安です(筆者の私も利用しましたが年利2.2%、保証料無、期間3年の好条件です)

 勤務先に労働組合があればとても簡単な手続きで利用できますので、会社の担当者に問い合わせてみてください。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大