後遺障害等級14級9号認定

 弁護士事務所に進捗状況の問い合わせをしてから1か月と1週間後、鳥羽弁護士から電話がかかってきました。

「後遺障害等級が無事認定されました。」

 イヤッホーーーーーーーーーーーーー!

 1年前に交通事故で怪我とともにロードバイクを廃車にされ、無保険の外国人加害者が一切賠償に応じず泣き寝入り寸前に追い込まれた所から、1年間に渡り必死に手をつくした結果が見事結果として形になりました。後遺障害等級の認定によって、賠償金を勝ち取るまでのレールが見事に完成した瞬間です。これほど嬉しいことはありません。

 鳥羽先生曰く、これで交通事故による損害が全て確定したので、これから書類が整い次第、保険会社の三河ダイレクトに保険金請求のための手続きを進め、保険金の支払いが終わり次第加害者の黄中に対し訴訟を起こすとのことです。

 そして翌日弁護士事務所の事務の人から電話があり、保険金の振込先口座を教えて欲しいとの連絡があり、翌日に後遺障害の慰謝料として75万円が銀行口座に入金されました。

 ウヒョー(・∀・)( ´∀`)(^O^)

 ロードバイクを買い替え費用を支払い、残りでさらにもう1台購入することができる金額です。これでロードバイクの再購入費用と後遺障害等級申請の資料費を支払っているマイナスの状態から、ようやく収支がプラスの状態になりました。

 そして同時に、このお金は交通事故の被害者に対する救済として初めて受け取ることができた金銭です。私が被害者である、という事実が第三者から認められたという意味もあると思うので二重のプラスだと言えます。

 数日後、弁護士事務所から「後遺障害等級認定票」が郵送されてきました。認定票には、後遺障害等級申請の申請に対して、自賠責保険事務所が審査した結果と理由が記載されています。

 認定された等級は14級9号。1級から14級まである中で一番下の等級で、左手の症状が14級の中で9号の「局部に神経症状を残すもの」に該当するという内容が記載されています。

 今回の等級申請は、腰椎捻挫、外傷性頸肩腕症候群、左手舟状骨骨折に対して申請をしています。腰椎捻挫と頸肩腕症候群は、いわゆる「むちうち症」です。審査結果の詳細ですが、

 腰椎・・・非該当

 頸肩腕症候群・・・非該当

 左手・・・該当(認定)

 となっています。等級認定されたのは骨折した左手だけです。

 うーん、最初鳥羽先生に相談した時は、腰椎の症状で「14級は確実でしょう」と言っていたような気がしますが・・・。まあ別の場所でも認定されれば結果オーライなので、細かい事は気にしない事にします。

 なお等級認定された左手関節の審査結果ですが、

「訴える症状を医学的に証明し得るものとは捉えがたいと判断します」

「自賠責でいう後遺障害には該当しないものと判断します」

「しかしながら、治療経過、症状の推移等を勘案すれば、第14級9号に該当するものと判断します」

 という風に、かなり厳し目の審査結果であることが書かれています。もし交通事故に強い弁護士に依頼せず、素人の自分だけで申請していたら確実に非該当だったと思います。

 事は作戦通りに進み、終着駅へのレールは完成しました。ここからは弁護士が全ての手続きを行うので、私は列車の乗客として目的地までプロに全部お任せで結果を待つだけの身になりました。あとはレールの上を真っ直ぐ進むだけです。ただ終着駅に着くのはしばらく先で、事件はまだ続きます。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大