気になる「過失割合」

%e6%ad%a2%e3%81%be%e3%82%8c%e5%81%9c%e6%ad%a2%e7%b7%9a

 交通事故に遭った場合、まずは自分の怪我とロードバイクの損傷具合が一番気になるかと思いますが、次の段階では、当事者のどちら側が事故の責任が大きいか、すなわち「過失割合」に関心が出てくると思います。

過失割合とは?

 過失割合とは、交通事故発生の責任について、当事者の責任の割合を数字で表したものです。

 (自分):(相手)の形で、例えば20:80といった数値で表します。不注意や法令違反の程度が大きい側ほど数字が高くなり、基本的に合計100になります。

過失割合を決める理由

 過失割合は、加害者に請求できる損害賠償の金額に影響します。

 交通事故により被害が生じても、損害額の全部を請求できる訳ではなく、請求できるのは自分の過失分を差し引いた後の金額です。

 例えば交通事故で時価30万円のロードバイクが全損になった場合、過失割合が20:80とすると、30万円のうち2割の6万円を差し引いた24万円が加害者に請求できる金額となります。

過失割合はどうやって決まる?

 基本的には、過去の事例を参考にして、当事者同士の話し合いで決まります。

 過去の事例とは、過去から現在までに交通事故に関係した裁判で裁判所が下した判決です。

 この判決をまとめた書籍が「別冊判例タイムズ 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」で、通称「判例タイムズ」と呼ばれています(最新版は第5版です)。

 保険会社の担当者や弁護士は、この本を基準にして過失割合を提示するのが一般的です。

 なお、過失割合は当事者の双方が合意しなければ決まりせん。

 お互いが主張を譲らず話し合いが決裂した場合は、最終的には裁判の判決で決まります。

今回の事故の過失割合を知りたい

 前述の「判例タイムズ」を見れば多くの事例と解説が載っていますが、少し高価な書籍で内容も専門的ですので、まずはインターネットで類似事例を検索すると良いでしょう。

 過失割合の基準ではロードバイクとママチャリ(軽快車)は区別されておらず、車種は同じ「自転車」となります。

 googleなどのインターネット検索サイトで「交通事故 過失割合 自転車」で検索すると、自動車と自転車との交通事故の事例を解説しているサイトが表示されます。直線道路か、交差点か、右折または左折かで最も似ている例を探してください。

 ただし、掲載されているのは一般的な事例の解説なので、当てはまる事例が無かったり、個別の事情を考慮する必要があると思う時は、「判例タイムズ」を参照するか、弁護士など専門家に相談する必要があります。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大