相手も怪我をしたり車両が傷付いたらどうする?

%e8%bb%8a%e3%81%ae%e5%82%b7 

 交通事故では、自分だけでなく相手方も怪我をしたり車両が傷つくこともあります。

 事故相手が自動車の場合は、車体が傷ついたりミラーやバンパーが破損する事はありますし、相手が二輪車や自転車の場合は、衝突により車両が転倒して運転者が怪我をすることもあります。

 被害者であっても、相手方が被った損害(治療費、入通院慰謝料、修理費)は、自分の落ち度(過失割合)に応じて損害を賠償する義務が生じます。

事故相手に支払い義務が生じるのはほんの一部

 ただし、相手がこちらに請求できるのは修理費の全額ではなく、損害額から相手の落ち度に相当する額を差し引いた後の金額です。自分が信号無視や飲酒運転など重大な交通違反をしていなければこちら側の過失割合は低く、相手が請求できる額は損害額の1せいぜい~2割程度と非常に少ないはずです。

 例えば、自動車のバンパー交換に10万円修理費が生じたとします。過失割合が10:90(10=自分、90=相手)の場合、相手方は9割が自己負担となり、こちらに請求できるのは1割の1万円だけです。また、仮にその1万円を請求してきたとしても、こちら側の損害賠償請求と相殺ができます。

 したがって、自分の過失割合が低ければ、大抵の場合は加害者への支払額よりも請求額の方が上回りますので、事故相手に対しお金の支払いが生じるようなことはほとんどありません。加害者側の損害額が少額であったり被害者が大怪我をしたような事故では、加害者が請求を放棄する事もあります。

個人賠償責任保険に加入していれば心配不要です

 ただし、事故相手の怪我が重傷かつ自分の怪我がかすり傷程度であったりすると、相殺をしても相手方の請求額が上回って支払い義務が生じるという事も起こり得ます。

 しかし、個人賠償責任保険に加入していれば心配は不要です。自転車(ロードバイク)乗車中に他人に怪我をさせたり物を壊した場合の補償に対応していますので、全て保険金から支払われますので、保険会社に対応してもらってください。

 また、自分で加入した覚えがなくても、火災保険や賃貸住宅の家財保険、大学の共済などに個人賠償責任保険が自動的にセットされている場合もありますので、念のため確認してください。

(示談代行サービスが無いと非常に面倒な事になりますので、示談代行サービス付きの保険に加入しておきましょう)

警察の取り調べを受ける可能性もあります

 相手が怪我をしたことにより、過失傷害罪の被疑者になる可能性もあります。過失傷害罪とは、不注意により人を傷害した罪をいいますので、自転車乗車中に人に怪我を負わせた事に対して適用されます。

 ただし、実際に適用される可能性は非常に低いです。その理由ですが、適用には相手の告訴が必要だからです。

 貴方が交通ルールを守っていて事故の過失割合が低ければ、「被害者」である貴方に対しての告訴はそもそも警察が受理しません。不幸にも加害者が生死に関わるような負傷をした場合は告訴が受理されるかもしれませんが、形の上では捜査対象である「被疑者」となり警察の取り調べをの対象にはなるものの、まず不起訴になりますので心配は要りません。

 なお、相手の車両が損傷しただけであれば、物を不注意で壊した事に対する刑罰は存在しませんので、一切関係ありません。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大