ロードバイクの保険選びの考え方

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e8%b3%87%e6%96%99 

保険の目的は「リスクの移転」

 そもそもロードバイクで保険に加入する目的は何でしょうか?

 「いざという時のため」「交通事故に遭った時のため」と答えた方、その答えでは不十分です。

 保険に加入する最大の目的は「リスクの移転」です。

 交通事故が発生すると、人の怪我や車両の損傷といった直接の被害のほかに、例えば次のような二次被害が生じます。

  •  加害者になった時の、被害者の治療費や修理費の出費
  •  加害者との示談交渉の時間と手間、精神的苦痛
  •  相手が無保険のため自腹で支払う治療費の出費
  •  車両が自走不能になり、帰宅のために必要な出費

 こうした二次被害が自分の身に及んでしまう危険性が「リスク」です。損害保険を契約することで、保険料の支払いと引き換えに、保険会社へこれらのリスクを全部移してしまうことができるので「リスクの移転」といいます。

 要はお金と引き換えに「ババ(トランプのJoker)」を保険会社に引き取ってもらうのです。

 逆に言えば、加入した保険の補償内容と範囲に不足があると、リスクが自分に残ったままの状態となり、いざ事故という時に役に立たず、自分自身に二次被害が及んでしまう可能性があるということです。

 前の記事での自転車保険の問題は、被害者になった時のリスク対応が欠落していたために、被害者本人に二次被害が及んでしまうという例です。

どんな保険に加入すればいい?

 結論から言えば、自動車保険と同じ補償内容の保険に加入できれば完璧です。

 国内外の損害保険会社からは、交通事故による被害のリスクを完全にカバー可能な自動車総合保険が販売されています。交通事故により生じる損害は、程度の差はありますが、ロードバイクであっても自動車や二輪車(オートバイ)と同じですので、充実した補償内容がパッケージ商品になっている自動車保険と同じ補償内容の保険を選べば良いという訳です。

ロードバイク専用の保険が存在しない

 しかしながら、残念なことに、ロードバイクをはじめとする自転車に対しては、自動車のように1つの保険に加入すれば交通事故のリスクを完全にカバーすることが可能な、自転車総合保険のような保険は発売されていません。

 したがって、非常に面倒なことですが、対応漏れの被害のリスクが存在しないように、自分で複数の保険商品を組み合わせて、自らの責任で保険に加入する必要があります。

 次の記事では、自動車保険を例にして補償対象にする必要があるリスクについて説明します。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大