加害者が保険の使用を拒否したらどうすればいい?

keychain

加害者が保険使用を拒否することがある

 交通事故の被害に遭った場合、加害者が加入している保険会社から連絡があり、治療費などの支払いを受けられるのが通常の流れです。しかし、加害者の中には、任意保険に加入しているにもかかわらず保険の使用を拒否し、被害者への損害賠償に応じないという信じられない態度に出る人が稀に存在します。そのような酷い対応をする理由は本人に聞かないと分かりませんが、おそらくは、

  • 自分に事故の責任は一切無い(全部お前が悪い)と思っている
  • 来年の保険料が値上がりして損をする

といったところでしょうか。理由はどうあれ、自己中心で自分勝手な対応であることに変わりはありませんが、保険会社は契約者である加害者の考えに従わなくてはならないので、被害者との交渉や治療費支払いなどの対応をすることができません。保険会社の連絡先を聞き出して直接話したとしても、対応を断られてしまいます。そうなると、治療費の支払いが受けられないどころか、加害者に一切対応を拒否されてしまい、何をすればいいか分からない絶望的状況だと感じてしまうのではないでしょうか。

どのように対応するか

 しかし、完全ではありませんが対応策はあります。

 被害者への損害賠償は、本来は損害額が確定した後に一括で支払う義務があり、途中支払いの義務はないというのは前に述べたとおりです。つまり、現段階で保険使用拒否=支払い拒否をされたというのは、単に仮払いを拒否されただけと考えてください。支出した治療費などは後から請求することができます。

 そして、加害者の態度に関係なく損害賠償の支払いを請求できる手段がいくつか存在します。具体的な方法は後の記事で説明しますが、例えば次のような方法があります。

自分が加入している保険会社に請求する

 自動車保険の特約で、交通事故で相手から賠償を受けられない場合に治療費などを保険会社が立て替えてくれる特約(人身傷害補償)があります。加入している保険会社に問い合わせてください。

加害者の自賠責保険に直接請求する

 加害者が加入している自賠責保険に被害者が直接請求することができます。加害者の意向に関係なく、治療費や休業補償、交通費、慰謝料などを120万円を上限として請求できます。交通事故証明書に保険会社名が記載されているので、最寄りの支店へ書類を請求する形になります。

 また、加害者の任意保険の保険会社に対しても被害者が直接請求できる場合があります。

 加害者に保険使用を拒否されたとしても、治療費の立て替えや書類手続き、あるいは裁判などの面倒な手続きは必要になりますが、決して完全泣き寝入りにはなりませんので、一応安心してください。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大