保険でカバーが必要な交通事故のリスク

%e5%8d%b1%e9%99%ba%e3%81%a8%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af

 ロードバイクの交通事故に備えた保険に加入する前に、どのようなリスクを補償対象にする必要があるかを正しく把握することが必要です。

 前の記事で述べたとおり、自動車保険が交通事故のリスクをほぼ完全にカバーした設計になっていますので、自動車保険を例にして、どのような交通事故のリスクが存在するかを説明したいと思います。

自動車保険で補償対象になっているリスクの一覧

 自動車保険で補償対象になっている交通事故のリスクを一覧表にまとめました。

 大きく分けて加害者になった時のリスク、被害者になった時のリスクの2つに分類しています。左2列目から順にリスク名、リスクの内容、一番右の列がそのリスクを補償対象としてカバーしている自動車保険の保険名(または特約名)です。

(※ロードバイク乗車中の交通事故に関連するリスクだけを抜粋しています)

 区分 リスク名 リスクの概要

自動車保険

(特約名)

加害者に

なった時 

対人事故

他人に怪我をさせて治療費の支出が発生

後遺症が残った時の慰謝料支払い

自賠責保険

対人保険

対物事故 他人の物を壊して修理費の支出が発生 対物保険

被害者に

なった時   

過失相殺 過失相殺で治療費が一部自己負担になる
治療費や休業補償が減額される
人身傷害補償

加害者無保険

(治療費)

加害者が無保険で治療費を払ってもらえない 人身傷害補償

加害者無保険

(休業補償)

加害者が無保険で休業補償を払ってもらえない 人身傷害補償

加害者無保険

(物的損害)

加害者が無保険で車両修理費を払ってもらえない 車両保険
走行不能 事故で車両が走行不能になる
帰宅するために費用が生じる
ロードサービス
交渉紛争 加害者が不誠実で精神的苦痛を受ける
加害者が正当な賠償に応じず争いになる
弁護士費用特約
自損事故 自損事故を起こした時の治療費発生 人身傷害補償

交通事故のリスクの解説

 それぞれのリスクの詳細を説明します。

対人事故リスク

 他人に怪我を負わせたことにより、被害者の治療費、休業補償、慰謝料などの損害賠償の金銭負担が生じるリスクです。自分が被害者の立場でも、相手も怪我をした場合は、過失割合に応じて事故相手の損害を賠償する義務が生じます。

対物事故リスク

 他人の物を壊したり損害を与えたことにより、修理費などの損害賠償の金銭負担が生じるリスクです。対人事故リスクと同じく事故相手の損害を賠償する義務が生じます。

過失相殺リスク

 被害者にも事故の過失がある場合、過失割合に相当する額が相殺されて損害賠償金から差し引かれるため、その分が自己負担になるリスクです。停止中の被追突、相手車両の赤信号無視又はセンターライン越えといった例外を除けば、被害者の側にも1~2割程度の過失が認定されるため、治療費や慰謝料のうち1~2割程度が自己負担となります。

 例えば治療費などの損害額が100万円の場合、追突事故のように被害者の過失が0の事故では全額受け取れますが、過失割合が20:80(被害者に2割の過失)だと、80万円が受取額になり、20万円が被害者の自己負担になります。

加害者無保険(治療費)リスク

 加害者が任意保険に未加入かつ財産が無い、またはひき逃げで加害者が不明なため、治療費が被害者の自己負担になるリスクです。

加害者無保険(休業補償)リスク

 加害者が任意保険に未加入かつ財産が無い、またはひき逃げで加害者が不明なため、欠勤や配置転換、退職などで生じた収入減少が被害者の自己負担になるリスクです。

加害者無保険(物的損害)リスク

 加害者が任意保険に未加入かつ財産が無い、またはひき逃げで加害者が不明なため、ロードバイク修理費などの物的損害が被害者の自己負担になるリスクです。

走行不能リスク

 交通事故でロードバイクが損傷して走行不能になり、帰宅のためのタクシー代など交通費や運搬費の支出が生じるリスクです。

交渉紛争リスク

 加害者や保険会社に誠意のない態度を取られて精神的苦痛を受けたり、正当な損害賠償請求をしても支払いに応じないことで、訴訟手続きなどの手間が生じるリスクです。

自損事故リスク

 自分の運転ミスによる転倒などが原因で怪我をして、治療費の支払いが生じるリスクです。

リスクの対応漏れを防ぐ

 保険で補償対象にすることが必要な交通事故のリスクが、これだけ存在することに驚かれた方もいるのではないでしょうか。道路を走行する以上は、ロードバイクにも自動車と同じ交通事故の危険=リスクがあるのは当然のことです。むしろ交通弱者である自転車は自動車よりもリスクは高いのです。

 これだけリスクが存在する状況に対して「いざという時のため」「事故に遭った時のため」程度の感覚で、何となく保険に加入してしまうと、リスクの対応漏れが生じてしまう可能性が高く、非常に危うい事だと思います。

 したがって、リスク対応の漏れがないよう確認しながら、慎重に加入する保険を選ぶ必要があります。

 次の記事では、自転車保険に加入した場合を例にして、保険の補償範囲とリスク対応漏れの危険性について解説したいと思います。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大