自転車保険の単独加入はリスクだらけ隙だらけ

自転車保険とはどんな保険?

 自転車保険とは、自転車ユーザーを対象に、自転車乗車中に交通事故を起こしてしまった時の賠償や怪我に備えた補償がセットになった保険です。保険料は年間3千円~1万円程度で、インターネットやコンビニで簡単な手続きで加入できます。もちろんロードバイクも対象です。

 最近は自転車事故での高額な賠償金がニュースになったり、保険加入を義務化する自治体も出てきましたので、加入を検討したり既に加入している人も多いのではないでしょうか。

 厳密に言えば「自転車保険」という保険は存在しません。他人に怪我を負わせり物を壊したりした時の「個人賠償責任保険」と、自分が怪我をした時の「傷害保険」をセットにした保険商品です。

(参考:日本損害保険協会 保険の分類と損害保険の種類

自転車保険の商品内容

 自転車保険は各社から発売されていますが、「万が一の事故にも安心」と宣伝しているA社の標準プランを参考に、代表的な自転車保険の例を説明します。

 自転車保険に加入すると、次のような補償や特約がセットされています。

  • 保険料  年間約4,000円
  • 個人賠償責任保険  最高1億円
  • 示談代行サービスあり
  • 死亡・後遺障害  最高600万円
  • 入院日額  日額8,000円
  • 手術保険金  最高8万円
  • ロードサービスあり

 この補償内容なら、補償が最高1億円まで対応しているし、怪我をした時の補償もあるので、万が一の事故への備えは安心ですね?

自転車保険の補償範囲

 ところがそうは行きません。前の記事(保険でカバーが必要な交通事故のリスク)の表を使って、保険の補償範囲と交通事故のリスク対応に漏れが無いか確認すると、次のような結果になります。

 区分 リスク名

自転車保険

対応補償

対応有無 解説

加害者に

なった時 

対人事故

個人賠償責任保険

完全対応
対物事故 個人賠償責任保険 完全対応

被害者に

なった時   

過失相殺 なし 一切無し

加害者無保険

(治療費)

障害保険金

入院保険金

手術一時金

死亡・重度障害・入院・手術をした時だけが対象

ごく少額で治療費には完全不足

加害者無保険

(休業補償)

なし 一切無し

加害者無保険

(物的損害)

なし 一切無し
走行不能 ロードサービス 搬送距離50kmまで
交渉紛争 なし

一切無し

示談代行サービス利用不可(※)

自損事故 なし 一切無し

 黄色に着色したセルは、リスクに対応する保険の補償が全く無いか、あったとしても完全に不足していてリスク対応漏れであることを表しています。

※示談代行サービスは、自分が加害者の時に保険会社が相手方との損害賠償交渉を代行するサービスです。自分が被害者の時には適用外です。

自転車保険単体では交通事故のリスクをカバーできません

 自分が加害者になった時、例えば歩行者をはねて怪我を負わせてしまう事故のリスクに対しては「個人賠償責任保険」が完全にカバーしているので、全く問題はありません。

 その一方で、自分が被害者になった時のリスクは、一部を除いてほぼ完全に対応漏れです。例えば、加害者が任意保険未加入で治療費を払ってもらえない場合には、入院や手術をして後遺症が残るような重傷を負ったのでない限り、治療費の足しになるような保険金の支払いは全くありません。治療費は事故相手が自賠責保険に加入していれば最低限の支払いは受けられますが、面倒な手続きは自分でする必要がありますし、限度額の120万円を超えた場合は通院やリハビリの費用は全部自腹の泣き寝入りです。自動車保険の充実した補償内容に比べると、あまりにもお粗末としか言いようがありません。

 もう少し保険金が高くて補償内容が充実した自転車保険もありますが、それでも補償内容は自動車保険と全く比べ物になりません。

 これでは「万が一の事故にも安心」どころか、リスクに対して丸裸同然です。自転車保険だけに加入した状態でロードバイクに乗るのには相当な問題があると思います。

 次の記事では、保険の加入状況の違いで実際にどの程度の影響が出るのかを解説したいと思います。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大