事故被害者は病院に運ばれ、お金を取られ、放り出される

%e6%95%91%e6%80%a5%e8%bb%8a%e5%be%8c

 交通事故の被害に遭ったのは6月の日曜日のことです。

 新幹線と在来線を乗り継いで東京都内の駅まで輪行した後、友人の阿部君と合流し、A県にある観光地に向かって片側1車線の国道をロードバイクで走行中の事でした。

 私が直進していたところに進路上を原付バイクが塞ぐ形で現れ、ブレーキをかける間も無く衝突。身体がハンドルバーを支点として前方に半回転する形で投げ出され、背中から地面に落下しました。
 原付バイクは、反対車線から道路を横切ってスーパーの駐車場に入ろうとして、私のロードバイクと衝突したという状況でした。
%e4%ba%8b%e6%95%85%e7%8a%b6%e6%b3%81%e5%9b%b3
 頭と背中を打ったものの、ヘルメットと背負っていたバックパックがクッションの役割をしたため、身体に深刻なダメージは無さそうでした。それでも時速約25キロで壁に激突したのと同じ衝撃を受けたので、よろめきつつなんとか自力で歩道まで移動し、歩道の縁石に座り込みました。

 原付を運転していた男性が、車道上に倒れていたロードバイクを歩道まで運んできます。バイクにはフレームのトップチューブに大きなクモの巣状のヒビが入っていて、これは全損かなぁ・・・と何となく思っていました。

 しかし、何か違和感を感じます。相手が一言も喋ってないのです。謝罪とか怪我の具合を尋ねたりしないどころか、救急車を呼ぼうとする気配もないのです。不審に思って相手を見ていたら、男が一言。

「速イデスネー、ビックリシマシタ」

 外国人だ・・・。

 事故の通報をしてもらうのは無理そうなので、自分で110番に電話をしました。警察に救急車が必要なのか確認されたので、相手にも一応聞いてみたところ、必要ないですという返事が返ってきました。その程度の会話は可能なようです。

 数分遅れて走行してきた友人の阿部君が現場を通過しかけたので呼び止め、事故があったことを説明します。

 救急車と警察が到着して、救急車内で問診され住所氏名を聞かれた後、そのまま病院へ搬送されることとなりました。加害者は警察と現場に残るようです。
 ちなみにロードバイクは救急隊員の方が気を利かせて一緒に救急車に載せてくれました。

 救急車内で隊員が警察から伝えられた加害者の住所氏名連絡先のメモを渡してくれます。
 で、住所を見たら住所が市営住宅でした。

 市営住宅に住んでいる外国人といえば・・・お金が無い。お金がない外国人といえば・・・保険に入っているかどうか怪しい。賠償金の不払い・踏み倒しとか、思い切り嫌な予感です。

 渋滞している国道をサイレンを鳴らして通過しつつ、10分位で休日救急担当の病院に到着します。

 診察室で痛む左手をレントゲン撮影しましたが、特に異常は無いとのことで、湿布を渡されて診察終了となりました。
 ところが窓口で、

「1万円のお預かりになります」
「ファッ!?」

 被害者なのにお金を取られる・・・病院にとっては、治療をした患者から代金を受け取るのは当然のことですが、理不尽なことこの上ありません。
 しかもロードバイクで走行するため財布は置いてきてしまい、ジャージポケットの中にビニールケースに入った小銭とクレジットカードしか持っていません。さらに間が抜けていたことに保健証のコピーは自宅に置き忘れていました。

 (診察代は後から病院に着いた友人の阿部君に立て替えてもらったので、事無きを得ることができました)

 また、休日は救急診療だけで事務員が不在のため、診断書は平日の診療時間内しか発行できないと告げられます。新幹線を使って輪行で愛知県から来ていたので、今日診断書を受け取れないと新幹線を使って再度病院まで来ることが必要になり、往復の交通費だけでかなりの出費ですが、できないものは仕方ありません。

 さて、診察は終了したのですが、待合室で誰も何もしてくれない事に気が付きます。
 救急車は帰ってしまい、病院には警察も加害者も来ません。病院も処置をして診察代を支払ったら終了です。他に誰もいない待合室にただ一人取り残されました。
 これはつまり・・・被害者なのに後は自己責任で自宅まで帰れ、という内容の放置プレイです。
 交通事故の世界へようこそ。

 自走して帰ろうにも、ロードバイクは破損で自走不可、輪行袋は出発地点の阿部君宅に置いてきてしまいましたので、電車による輪行もできません。ロードバイクを病院の駐輪場に放置することも出来ないので、タクシーを呼んでトランクに入れてもらい運ぶくらいしか帰宅手段がありません。タクシー代いくら掛かることやら・・・。

 しかしこれまた有り難いことに、阿部君が自宅まで戻って自家用車で迎えに来てくれることになりました。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大