自損事故(単独事故)でも警察へ届け出ましょう

自損事故(単独事故)も交通事故です

 ロードバイクで道路を走行中に、スリップや段差などでコントロールを失って転倒し怪我をしてしまった経験のある人もいるかと思います。自動車相手の事故だけではなく、自分の運転ミスが原因で怪我をしたり車両を損傷した場合も「交通事故」になります。

自損事故でも警察へ届け出ましょう

 交通事故が発生した場合は警察へ届け出る義務がありますが、自損事故は届け出なくても良いという規定はありません。少し転んで擦り傷を負った程度で一々届け出る必要は無いと思いますが、救急車を呼ぶような重傷事故であれば勿論のこと、「その場で救急車を呼ぶまでもないが、帰宅後に病院に行く必要があると思う程度」の事故であれば届け出ておいたほうが無難です。届け出を勧める理由は、次に述べる保険金や損害賠償の請求です。

 念のため現場写真の撮影と事故の場所、時刻を記録して、その場で110番に電話して警察の指示に従うか、速やかに最寄りの交番に行きましょう。

保険金の支払対象になる場合があります

 傷害保険や共済など、日常生活やレジャー中の怪我を対象にした保険に加入していれば、入院や通院、手術に対して保険金が支払われる場合があります。また、治療費は健康保険の3割自己負担分が人身傷害補償保険(自動車保険の特約)の支払対象になる可能性があり、そのほか怪我の後遺症が残った場合に支払われる保険金もあります。いずれも加入している保険の契約内容により異なりますので、保険会社に確認する必要があります。

 自損事故でのロードバイク本体の損傷は、残念ながら支払対象となる保険はありません(一部そうした保険が存在しますが、まだ一般には普及していません)

道路を管理する役所に損害賠償を請求できる場合があります

 道路の管理不備(穴ぼこ・段差など)が原因で損害が生じた場合、道路管理者は被害者に対して損害を賠償する義務があります(国家賠償法第2条第1項)。道路の穴ぼこが原因で転倒して怪我をしたりロードバイクが損傷した場合、国・県・市町村など道路を管理する役所に対して治療費や慰謝料、ロードバイクの修理費を請求することができます。ただし必ず全額請求できるのではなく、損害額のうち自分の落ち度(過失割合)に相当する額は差し引かれます。

事故無届けでは交通事故証明書を発行してもらえません

 警察に事故発生を届け出なければ「交通事故証明書」を発行してもらえません。前述の保険金や損害賠償の請求には「交通事故証明書」の提示が必要になりますが、提示できなければ交通事故があったという事実を証明する書類が何も無いことになり、支払を拒否されてしまいます。事故から何日も経ってから届け出ても警察は届け出を受理しませんので、迷った時はとりあえず届け出をしておきましょう。

自損事故に対しての罰則は特にありません

 自分以外の第三者に怪我をさせていなければ、事故を起こしたことに対しての罰則はありませんので心配は無用です。ただし警察の判断で事故現場での調査に立ち会いを求められる事はあります。

(厳密に言えば道路交通法の安全運転義務違反に該当しますが、自転車の交通事故で適用されることは無いでしょう)

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大