交通事故直後の対処

%e4%ba%8b%e6%95%85%e7%8f%be%e5%a0%b4

事故直後にすること

 ロードバイクの交通事故であっても、事故直後に行うべきことは普通の交通事故と同じで、次の3点です。

1.自身の安全を確保する
2.事故相手に救急車を呼んでもらう
3.事故相手の確認

 道路脇や歩道など安全な場所に移動した後、事故相手に119番で救急車を呼んでもらってください。救急車を呼べば消防署から警察に連絡が行きますので、110番通報は必要ありません。

救急車は必ず呼ぶこと

 怪我が大したこと無さそうだし、事が大げさになり面倒事になるので呼びたくない、と思うかもしれませんが、かすり傷や打撲だけのように見えても、救急車は必ず呼んでください。

 1つ目の理由は、身体と生命の安全のためです。
 その場では大したことないと思っても、後から思わぬ怪我が判明することがあります。事故直後は身体の神経が興奮していて、痛みを感じにくく自覚ができないからです。
 数日後に身体のあちこちが痛みだしたり、ただの捻挫だと思っていたら実は骨折していたとか、しばらく経ってから体の不調や異変が発覚した例は多くあります。決して素人判断はしないでください。

 2つ目の理由は、事故により負傷し救急車が出動した状況を公の記録として残すためです。
 仮に警察も救急車も呼ばなかった場合、事故について後日証明するものが何も存在しないことになります。交通事故証明書が発行できませんので、保険金の支払が拒否されますし、加害者から事故との関係を否認されても対抗手段がなく途方に暮れることになります。

 しかし、怪我の程度が軽微であったり、被害がロードバイクの破損だけである状況など、救急車を呼ぶほどの緊急性が無い場合もあります。それでも警察への届け出(110番または交番へ出頭)は必ず行ってください。

 怪我人の有無にかかわらず、事故は警察へ届け出る義務があります(道路交通法第72条第1項、罰則あり)。

事故相手の確認

 事故相手の氏名、住所及び連絡先の電話番号を確認してください。免許証の提示を求めて撮影させてもらうのが良いと思います。
 相手車両のナンバーも確認して記録しておいてください。

 (怪我の状況によりその場で確認できなかったとしても、氏名・住所・連絡先などは後で警察から教えてもらえるので大丈夫です)

 相手が仕事中で会社の業務用車両であれば、名刺をもらうか車体に書かれている会社名を確認してください。相手の加入している任意保険会社も確認しておくと安心できます。

事故現場でしてはいけないこと

 事故直後の現場でしてはいけない事は、

・警察に連絡せず双方の話し合いだけで処理する

ことです。

 何らかの理由で警察に連絡せず示談にしようと言ってくる人がいたとしますが、それに応じてしまうと前述のように交通事故の証拠となる公の記録が一切無いことになります。

 その場で示談にしようとする人は、事故の発生そのものを隠そうとするモラルの無い人間である可能性が高いので、後の交渉でロクな事になりません。
 保険会社から保険金の支払を拒否されますし、先に書いたとおり事故無届けは違法ですので絶対やめてください。

 また、事故の責任(過失割合)や損害賠償(お金)の話もすべきではありません。

 帰宅して冷静に判断できる状況になってから、保険会社または専門家と相談してから相手方と話をするようにしてください。

 大した事故じゃない、急いでいるから等の勝手な理由で、連絡先だけ渡して立ち去ろうとする加害者もいます。もし引き止めたにもかかわらず、警察への届け出をせず加害者が立ち去った場合は、ナンバーを控えて警察に通報してください。

事故現場でしておいた方が良いこと

 救急車で病院に搬送されるような怪我をした場合は難しいかもしれませんが、できる範囲で構いませんので次のことを行ってください。
 後の示談交渉や訴訟に至った場合において、相手の責任やこちらの被害を証明する証拠として必要になる場合があります。同行者がいればその人にお願いしてください。

・写真撮影(事故現場の状況、ブレーキ痕、道路の擦り傷、自車・相手車の破損箇所、動画撮影でも良い)
・事故相手の情報収集(どこへ向かう途中だったのか・仕事中か・勤務先など)
・事故相手の保険会社の確認
・事故相手との会話の録音
・目撃者の確保(証言が必要になった場合のお願いと連絡先)

ロードバイクの処置

 そして最後にロードバイクの処置です。

 あなたが怪我をして救急車で搬送された後、現場に残されたロードバイクはどうなるでしょうか?
 実は、どのように扱われるか分かりません。

 救急隊は怪我人を病院へ搬送することが仕事で、警察にも現場に残った被害者のロードバイクを運搬または保管する義務はありません。警察が気を利かせて警察署まで運び保管してくれる場合もありますが、そのまま現場に置いたままにされることも十分あり得ます。

 同行者がいない場合、加害者・救急隊員・警察官の誰かに運搬あるいは保管をお願いしてください。ただしあくまで「お願い」しかできないので、断られても仕方ありません。

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大
ブログ村INパーツ
にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーリンク
アドセンス大