「 交通事故顛末記 」一覧

半信半疑の弁護士

半信半疑の弁護士

 少し緊張しつつホームページに載っている弁護士事務所の連絡先に電話をかけます。女性の事務員が電話に出て、交通事故の相談であることを告げるとすぐ弁護士本人に代わりました。  「お電話ありがとうござ...

約款の謎はすべて解けた?

約款の謎はすべて解けた?

   リハビリに通っている鈴木整形外科がお盆休みに入ってしまうため、しばらくの間通院することができなくなり、いつもと比べて若干時間が余ることになりました。そこで保険の約款という強敵に対して、脳味噌の...

手術のタイムリミット

手術のタイムリミット

 事故から1か月経過した頃には、左手の骨折箇所は、手首から肘まで全体を固定するギプスの代わりに、取り外し可能で手首付近だけを固定するギプスシーネという装具に変わりました。ギプスに比べて固定力は弱い...

行き詰まる示談

行き詰まる示談

 憂鬱な日々が続きます。  交通事故による怪我のため首や腰の痛みは続き、週3~4日はリハビリのため病院に通院を続けなければならず、加害者からロードバイクの修理費を払ってもらえる見込みは全くありま...

午後6時半の着信

午後6時半の着信

 事故から1ヶ月半が経った頃、いつものように鈴木整形外科でリハビリの順番待ちをしていると、A県検察庁から携帯電話に着信がありました。  時刻は午後6時半頃を過ぎた頃でした。夜でも役所は仕事をし...

スポンサーリンク
アドセンス大
アドセンス大